日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > どうやって生きるかなんてことは、誰も他人に教えられないよ。それは、自分自身で見つけるものだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

どうやって生きるかなんてことは、誰も他人に教えられないよ。それは、自分自身で見つけるものだ

ボブ・マーリィ

「レゲエの神様」、ボブ・マーリィの名言である。1978年、ジャマイカの首都キングストンで行われた「One Love Peace Concert」で、対立する二大政党の党首マイケル・マンリーとエドガード・シアガーをステージ上で和解させたことはあまりに有名だ。音楽で平和が取り戻せることを証明した歴史的瞬間だった。革命家、ボブ・マーリィの言葉はどれも胸に突き刺さる。

 

 いつの時代も、生き方に迷う人は多い。

 哲学書しかり、思想書しかり、世の中にあふれるほど生き方の指南書があることが、それを証明している。

 

 人はなぜ、心のままに生きられないのだろう。

 心に正直であればいいことはわかっていても、それができない人はたくさんいる。

 プライドや虚栄心がジャマをするのかもしれないし、あるいは、常識に囚われているのかもしれない。

 

 直心是我師(じきしんこれわがし)。

 執着や偏見を取り払った、ありのままの自己の心が本来の道を指し示す。

 

 どのような人生を送り、どのように死してゆくのか。

 それは、誰にも教えてもらえないし、教えることはできない。

 自分の人生は自分のもの。

 どんな選択をし、どんな結果になろうとも、それは自分の責任だと覚悟する。

 

 もっと自分自身と対話をしよう。

 情報や他人の意見に惑わされていないか。

 それは自分の本心か。

 ありのままの心を見つめて考え尽くす。

 

「目をあけて見てみろよ。自分の生き方に満足してるのか?」

 ボブの声が聞こえてきそうだ。

(171210 第377回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ