日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 努力は「天命」さえも変える

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

努力は「天命」さえも変える

福沢諭吉

 明治時代の自己啓発書、福沢諭吉の『学問のすゝめ』より抜粋。学問の大切さをベースに、一般庶民にもわかりやく「実学」の重要性を説く。明治時代に22万部も刊行したという大ベストセラー本は、今なお色あせることなく読み継がれている。

 

 何ごとかを成し遂げた人たちは口をそろえて「努力すれば必ず報われる」と言うが、それは本当だろうか。

 そうとも言えるし、必ずしもそうとは言いきれない。

 

 ひとかどの人物たちが言う「努力」とは、結果的なもの。

 がむしゃらにやっていたら結果がついてきた、というときの「がむしゃら」が努力だったというだけである。

 努力を努力と思っていないのだ。

 

 無我夢中で目の前のことに取り組んでいると、思ってもみなかった境地にたどり着いていた、なんてことがある。

 それが、福沢諭吉の言う「努力は天命さえも変える」ということなのだろう。

 

『中庸』の「天の命ずるこれ性と謂う」。

 生まれながらに備わった性質、天性である。

 

 子どもの成長がそうであるように、「これはなんだろう」「あれはなんだろう」と何かに興味をもつことで自ら学び、しだいに天性が発揮されていく。

 そうやって学びながら生まれもった性質を生かしつづければ、本来の性質に新たな性質が加わってくる。

 眠っていた才能が開花するのだ。

 

 学問は裏切らない。

 すぐに役立つものではなくても、血肉となれば、いつか生かせるときがくる。 

(171204 第375回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ