日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 仕事って、たぶん、自分の居場所を好きになるところから、始まるんだと思うんです

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

仕事って、たぶん、自分の居場所を好きになるところから、始まるんだと思うんです

重松清

『ナイフ』や『エイジ』、『流星ワゴン』などの著書で知られる作家、重松清氏の言葉である。現代の家族をテーマに、数々の話題作を発表。出版社勤務を経て執筆活動に入ったという重松氏の仕事観である。ほぼ日ブックスの『はたらきたい』から抜粋。

 

 生きていく上で、仕事というのは大きな意味をもつ。

 程度の差はあれど、多くの人は一日の三分の一を仕事で費やすのだから、それもそうだろう。

 

 サラリーマンとして50年間働けば、約10万時間。

 何らかのかたちで生涯現役というなら、それ以上。

 睡眠時間や食事の時間、それなりの自由時間を差し引いたとしても、残りの時間のすべてが仕事の時間だと考えるなら、その仕事にどう向き合うかで人生は楽しくもなり、辛くもなる。

 

 企業づとめにかぎらず、人間、働くことなしに生きていくことはむずかしい。

 生きるために働いているのは他の生き物もおなじ。

 動物も植物も、鳥や虫も、細菌だって働いているのだ。

 

 働くとことは、生きること。

 生きるために、生き物はみんな働くようにできている。

 

 重松氏はこう続ける。

「自分のいるところを好きになる才能に恵まれた人は、やっぱり、うまくいくんじゃないでしょうか。逆に言えば、この場所を愛せないヤツは、よそを愛することなんかできないような気がするんです。『自分の立ち位置を愛せないでどうするの?』と」

 

 与えられた場所やものを、とりあえず受け入れてみよう。

 好きか嫌いかの判断は、それからでも遅くはない。

 どうしても好きになれない、性に合わない、肌に合わないというなら、そのときどきで改善策を考えればいい。

 

 イヤイヤ過ごしても一生。

 楽しく過ごしてもまた一生。

 どちらを選ぶかは自分次第ですよ。

(171128 第373回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ