日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 失敗が怖いのではない。失敗したときの人間が「こころを腐らせる」のが怖いのだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

失敗が怖いのではない。失敗したときの人間が「こころを腐らせる」のが怖いのだ

岡本かの子

 大正、昭和期の小説家であり歌人の岡本かの子の言葉である。「芸術は爆発だ!」で知られる岡本太郎の母親がこの人。世界的アーティストを生み出しただけあって、彼女の人生もかなり浮き世離れしたものだったようだ。

 

 結果を出せるか否かは、行動力。

 行動すれば、良くも悪くも、もれなく結果はついてくる。

 車だって、動かなければ目的地にはたどりつけない。

 遠回りしようが、間違えようが、とりあえず動けば目的地へ向かうための何らかの情報は得られる。

 

 失敗を恐れて何もできないということはある。

 しかし、動いてもいないのに何を恐れるというのか。

 

 「失敗したらどうしよう」「何かを失うかもしれない」「笑われるかもしれない」「期待を裏切ってしまうかも」

 云々かんぬん、頭はあれこれ考える。

 失敗したときの状況を。

 周りの目を、評価を気にしすぎるあまり、手も足も出せないのだ。

 

 けれど、本当は周りがこわいんじゃない。

 自分自身が怖いだけ。

 「ダメなヤツめ」と自分で自分に「ダメ人間」の烙印を押してしまいそうになるのが。 

 かの子が言うように、自分で自分の心を腐らせてしまうのが怖いのだ。

 

 最初からうまくいくことなど、そうあることではない。

 エジソンだって、一万回も失敗を繰り返し、かの有名な言葉を残しているじゃないか。

「失敗したのではない。うまくいかない方法を、一万通り見つけただけだ」と。

 

 人生一度きり。

 失敗を恐れて何もできないのはもったいない。

 旅の恥はかきす捨てて、人生という旅を楽しもう。

(171125 第372回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ