日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 乳がいつも出るためには栄養を取らなければならない

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

乳がいつも出るためには栄養を取らなければならない

アン・モロウ・リンドバーグ

 史上初の大西洋単独横断飛行を成功させたチャールズ・リンドバーグの妻、アン・モロウ・リンドバーグの言葉である。夫の影響か、彼女自身も後にライセンスを取得し、女性飛行家となっている。

 一主婦として、女性の生き方について美しい文体で書き記した『海からの贈り物』はベストセラーとなり、随筆家としても名を知られるようになった。その中の一文である。

 

 生まれたばかりの赤ん坊は、母の乳を飲んで大きくなる。

 今は簡易ミルクがあるし、時代によっては乳母の存在で命は救われたけれど、本来、母の乳がでなければ子は飢え死にしてしまう。

 だから母は子を守るため、必死で栄養をとり母乳を出そうとする。

 けれど、母体が健康でなければ、どんなに栄養をとっても母乳まで追いつかない。

 子に与えたいと思うからこそ、母親は健康でいようと思うのだ。

 

 与えたいと思っても、与えるものがなければ、共倒れするだけ。

 与えるものがないなら、必要なものを必要なだけ補えばいい。

 

 分け与えられるのは、満たされてこそ。

 そしてまた、満たすためには壊れていない器が必要。

 壊れたコップには水が注げないように、壊れた体ではどんなに良い物もとりこぼしてしまう。

 

「与えることに意味があっても、与えただけのものを補う源泉が何かなくてはならなくて、乳がいつも出るためには栄養を取らなければならない」

 と言ったアンは、「与えるのが女の役目であるなら、同時に女は満たされることが必要だ」と言葉を継ぐ。

 

 女性に限ったことではないだろう。

 なんであれ、満たされなければ与えられない。

 今なら、スマホやパソコンのような充電型の機械とでも言えば、分かりやすいだろうか。

(171122 第371回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ