日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > ただ「勝ちたい」ではなく、負ける覚悟ができて初めて本当の強さが出る

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

ただ「勝ちたい」ではなく、負ける覚悟ができて初めて本当の強さが出る

原辰徳

 元プロ野球選手で、元ジャイアンツ監督の原辰徳氏の言葉だ。

 この言葉の後、「いわゆる『覚悟の心理』とは、そういうものだと私は理解している」と続く。

 

 世の中は、勝った負けたの勝負の世界。

 強いものが勝ち、弱いものが負けるという、弱肉強食が繰り広げられる。

 

 では、本当の強さとは何か。

 老子いわく、

「柔は剛に勝ち、弱は強に勝つ」

 

 本当の強さとは、弱さを知っているということ。

 生まれたばかりの赤ん坊は、か弱いがゆえに守られる。

 自らの弱さを知っているから、一人では生きていけないのだと、命のかぎり泣き叫んで訴える。

 生命力の強さのなせる技か。

 

 辞書によると、

 覚悟とは、あきらめであり、迷いを去って道理を悟ることだという。

 

 負ける覚悟。

 それは、死ぬ覚悟と同じ。

 自分はこれで死ぬのだと覚悟を決めたとき、信じられないほどのパワーがでる。

 火事場の馬鹿力である。

 

 勝ちたい、獲得したいという思いにガチガチに囚われたら、一旦、その思いを手放してみよう。

 負けてもいっか・・・と力が抜けて、心も体も柔らかくなり、その瞬間を、命あるかぎり楽しむことができるだろう。

 そのときこそ、本領発揮のときなのだ。

(171021 第361回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ