日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 芸術とは見えるものを再現するのではなく、見えないものを見えるようにするものである

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

芸術とは見えるものを再現するのではなく、見えないものを見えるようにするものである

パウル・クレー

 一見、子供の絵かと思わせる無垢な線画があるかと思えば、パズルのピースをはめ込んだようなモザイク画で色を操り、見る物を不思議な世界へといざなう。スイスの画家、パウル・クレーの作品からは、リズミカルな音楽が流れ、静かな詩が聞こえてくるようだ。なるほど、彼はこの言葉どおりに描き続けていたのかと、合点がいった。

 

 「いちばん大切なものは、目には見えないんだよ」

 サン=テグジュペリの『星の王子さま』の中で、キツネはそう言った。

 

 いちばん大切なものは目に見えない。

 だから、心で見るんだと。

 

 いきつけのカフェのオーナーが煎れてくれたコーヒーは、特別おいしい。

 同じ豆を買って自分で煎れたコーヒーとは、ひと味も、ふた味も違う。

 なぜなんだろうと、不思議に思って聞いてみると、お湯の温度やカップの温度、豆の分量、注ぎ方など、微妙な違いがあることがわかったが、それだけではないような気がした。

「お互い、顔なじみという安心感もあるかもしれませんね」

 そう言って、オーナーは照れ笑いした。

 

 オーナーの心が、一杯のコーヒーになる。

 この人のために、おいしいコーヒーを提供したい。

 だれよりも、どこよりもおいしい一杯を。

 それは、パウル・クレーの言う芸術と同じ。

 見えないものを、見えるようにしたということ。

 

 いちばん大切なものは目には見えない。

 だから、心を込めてかたちにする。

 本当に良い物は、見えるものから五感を通して感じられるものなのだ。

(171015 第359回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ