日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 平等に与えられた時間をどう使うかが、あらゆる差を生むことになる

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

平等に与えられた時間をどう使うかが、あらゆる差を生むことになる

中田宏

 以前にも紹介した、前横浜市長の中田宏氏の言葉をまたもうひとつ。

 著書『中田主義』には中田氏のフィロソフィーがぎっしり詰まっている。

 当たり前のことを当たり前として終わらせるのではなく、じっくりと考察し、自分なりに納得しながら実行に移していく彼の姿を見倣いたい。

 

 本田宗一郎も同じことを言っている。

「時間だけは神様が平等に与えて下さった。これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ」と。

 

 使い古された言葉だと思うなかれ。

 この使い古された、当たり前のことこそ、真に理解している人は少ないのではないか。

 

 中田氏も、きっとそう思ったのだろう。この一節に添えた言葉を噛みしめてほしい。

「金がある、ない。

 能力がある、ない。

 そんな差を生み出す源にあるのは、時間かもしれない。

“いま”という一秒は、誰にでも等しく一秒でしかない。」

 

 環境や状況の違いはある。

 寿命だって人それぞれだ。

 けれど、流れている一分一秒という時間に、甲も乙も善も悪も美も醜もない。

 あるのはただ、その等しい時間の使い方、思考や行動の違いだけ。

 

 わかっているようでわかっていないことは、まだまだ世の中にたくさんある。

 当たり前だと思うことほど、じっくり考えてみよう。

「当たり前のことをするかしないかで、着実に差は開いていく」

 というのも、中田氏の言である。

(170912 第349回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ