日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 今今と今という間に今ぞ無く 今という間に今ぞ過ぎゆく

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

今今と今という間に今ぞ無く 今という間に今ぞ過ぎゆく

道歌

 道歌とは、道徳的な教えをわかりやすく歌に詠んだものである。

 道徳的というと、いかにも正しい道という感もいなめないではないが、この歌のように禅語をにおわせるものも数多くあって、知らず首を縦に振ってしまう。

 歌になっている分、かたくるしさも少し和らぐのもいい。

 

「而今」と書いて「じこん」と読む。

「いま・ここ」である。

 

 今この瞬間を生きることの大切さは、何度も伝えてきたし、昨今では合い言葉のようになっている。

 

 しかし、本当の「今」って?

 今と思っている今はもう、瞬時に過ぎ去ってしまっているのに…。

 なんてことを考えていたら、この言葉にばったり出会った。

 

 天からのお告げか…。

「あんた、もうかなり『今』は過ぎてまっせ。ほれ! 今の今も! しょうもないことばっかり考えんと、ええかげん目覚ましなはれ!」

 

 と、勝手に想像して焦りながらも「今」を楽しんでいる筆者であった。

 

 ゲーテも言っているではないか。

「最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ」と。

 

 耳をすませば、「今」の心の声が聞こえるだろう。

 もちろん、心も刻々と時を刻みつづけているだろうから、次の瞬間の声音は違うはず。

 ただそうやって、内側と外側の「今」を味わうだけで「今」が輝き、今の連なりの人生も輝くのではないだろうか。

(170813 第339回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ