日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 日の差す方角ばかり探している人に、虹は見えないのです

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

日の差す方角ばかり探している人に、虹は見えないのです

倉嶋厚

 お天気キャスターであり気象エッセイストであった倉嶋厚氏の言葉である。某新聞で見つけた。背後から射し込む光が、前方の雨粒に反射する虹の原理を説いたときの言葉だそうだ。

 かの人は、数日前に虹の向こうの世界へ旅立ったという。享年93歳であった。

 

 この言葉に出会った、まさにその日の夕刻。

 西の空に沈む太陽を背に、ビル群の頭上にかかる虹を見た。

 

 光りはあれど、虹と出会えるのはタイミング。

 幸運が舞い降りるときというのも、そんなものかもしれない。

 

 九州の五島列島を舞台にした、若い書道家の挫折と成長を描いたマンガ『ばらかもん』(ヨシノサツキ著)に、こんなシーンがある。

 

 もがき苦しみながら書の道を歩む青年が、何度もチャレンジするものの、目標とする賞を取れない自分に自信をなくし、その道を諦めようとしたときに出かけた餅拾い祭りでのこと。

 賞どころか餅さえも取れない主人公に、餅拾いのプロフェッショナル“ヤスばあ”がこう言った。

 

「上ばっかり見ちょるけんダメたいね。上から降ってくるち思うけど、その一瞬ば狙っても取れん。

 ゆっくり待って、地面に落ちたっば、取っとよ。

 下ば見っとよ。チャンスは意外にも下に落ちちょるけんね」

 

 主人公は尋ねる。

「それでも、取れなかったらどうすればいい?」

「どうぞ、お先に」と、手を差し出すヤスばあ。

「人に取られたものを欲しがる必要はなか。諦める必要もなか。譲ってやって、もっと大きな餅ば狙え。譲ることと、拾うことを止めなければ、ほらこのとおり」

と、拾った大量の餅を見せる、ヤスばあであった。

 

 倉嶋さんの言葉と出会ったとき、ふとこのワンシーンが浮かんだ。

 

 虹が見たければ、光り差す方ではなく、その反対側を見てみるといい。

 人は誰でも光ある方や上の方ばかりに目がいきがちだが、むしろ、その反対側にこそ、誰も気づかない幸運や喜びがあるものだと、倉嶋さんとヤスばあは言っているのだ。

 (170809 第338回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ