日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人間は選択して決意した瞬間に飛躍する

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

人間は選択して決意した瞬間に飛躍する

キルケゴール

 デンマークの哲学者、キルケゴールの言葉である。

 キルケゴールと言えば、実存主義の創始者、その先駆け的存在で知られている。

 観念論者であるヘーゲルへのアンチテーゼとして打ち立てた思想は、いくぶんネガティブ感を漂わせてはいるものの、人間の内に潜む本質は、なるほどそうかもしれないと思わせる。

 

 決断するときというのは、何かを断ち切るときでもある。

 これまでの考え方、これまでのやり方など、「これまで」と決別し、「これから」を作り上げていくということ。

 

 つまり、決断とは、前進することでもある。

 日々の小さな決断から、人生の分岐点での大きな決断など、すべてが前向きな決断ではないにしろ、何かを断ち切って決めたことをしようとする姿においては、すべて前進していると言ってもいい。

 

 一瞬一瞬が選択の連続であり、その選択を決めるのは自分自身。

 結果がどうであれ、決めたからには責任をもつ。

 責任をもつことで、覚悟が決まる。

 覚悟が決まれば、あとは先に進むだけ。

 

 選択し、決意するたびに新しい扉は開いてゆく。

 覚悟の連続が、人生を豊かに、高次へと向かわせる。

(170803 第336回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ