日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは

明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは

親鸞

 浄土真宗の開祖、親鸞聖人がまだ若松麿だったころ。その幼名を捨て、9歳で得度したときに詠んだ歌である。

 幼くして父母を亡くした若松麿が出家を願い出、剃髪しようとしたそのとき、いたいけな姿を見守る周囲の一人が「時間も遅いし明日にしてはどうか」という言葉に対する返答だった。

 

「明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」

 明日もまだ咲いていると思っている桜も、夜中に嵐が来て散ってしまうかもしれない。

 

「人の心はいつ変わるとも知れず、せっかくの決意も一夜で霧消してしまうかもしれません。どうぞ情けはお捨てになって、髪を剃ってください」

 幼き若松麿の心の声が聞こえてきそうだ。

 9歳とは思えない覚悟である。

 

「明日でいい」と思っていたら、機を逃してしまったということはよくあること。

 先延ばしすることで、そのときの気持ちは薄れていく。

「明日」は「いつか」になり、「いつか」は「永遠に」…ということもある。

 

 思い立ったが吉日。 

 良いことも悪いこともその日のうちに。

 だからこそ、新しい明日があるのだ。

 

「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」という、ガンジーの言葉が甦る。

 

 花は散る。

 思い残さず愛でておこう。

 その根が確かならば、やがて新しい花は咲くのだから。

(170720 第332回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ