日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 春の一番いいところは、春が来ることだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

春の一番いいところは、春が来ることだ

『ぼのぼの』より

 いがらしみきおの漫画、ラッコが主人公の『ぼのぼの』は以前にも紹介したことがある。

 なんてことない会話ひとつとっても、ぼのぼのの言葉はあまりに真理をつきすぎていて、思わずうなってしまう。

 

「春の一番いいところは、春がくること」

 これぞまさしく禅の境地ではないか。

 色眼鏡で見ることなく、ありのままの姿をありのまま受け入れる。

 

 禅語にもある。

 「柳は緑、花は紅、真面目(しんめんもく)」と。

 この大自然、大宇宙は、人間の計らいごとなど頓着しない。

 損得勘定も一切の煩悩もなく表れた自然の風景こそ、真実であると。

 

 イタリア文学者の須賀敦子は、あらゆる世代はそれぞれの時代を愛すべだきと言った。

 

 この世はすべて生々流転。

 めぐる季節は、人の一生と同じ。

 その季節、季節を愛でることで人生は輝きを増す。

 

 にもかかわらず、春がきて、夏がきて、秋がすぎると冬になるという自然の摂理にすら、好き嫌いをつけたがる「ニンゲン」たち。

 花粉症だから、暑いから、虫がいるから、落葉が気になる、寒いのは好きじゃない…云々かんぬん。

 なんとまあ、自分勝手であることよ。 

 

 気候変動により、それぞれの季節も本来の姿から変わりつつある今、真実を表す自然が不自然になったことで、人間の心も体も不自然になってしまったのだろうか。

 自分たちで蒔いた種だと気づかずに。

 

 「昔はよかった」「あのときこうだったから」などと嘆いている暇があったら、目の前に広がる風景、今このときの季節を愛でてみてはどうだろう。

 

(170717 第331回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ