日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 大人というものはどんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になることなんだと思います

大人というものはどんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になることなんだと思います

いわさきちひろ

 やわらかいタッチと優しい色使いを一目見れば、誰もがその人とわかる。児童画家であり絵本作家のいわさきちひろ。彼女が描く子供たちは、むじゃきな子供というより、おとなしい、ちょっとさみしげな、どこか影を抱えているような子供が多い。

 世界中の子供たちが幸せでありますようにと願った、ちひろ。その思いが託された作品は、今なお多くの人を魅了してやまない。

 

 子供はみな、愛されるために生まれてきた。

 だからこそ、子供たちは大人の愛を一心に請い願う。

「ぼくをみて」「わたしをみて」と、執拗なまでに自己主張する。

 

 人間だけではない。

 動物の子はみな、愛を請う。

 赤ちゃんがあんなにも愛らしいのは、みな愛されるため。

 可愛がられ、愛されなければ生きてはいけないからだ。

 ゆえに、存在そのものへの無償の愛が生まれる。

 

 無償の愛は与える愛。

 自らを犠牲にしてでも、我が子を守ろうとする母性や父性の愛である。

 

 しかし世の中は、愛を求め彷徨っている人の多いこと。 

「愛されるため」「認められるため」などの謳い文句が街中に溢れている。

 残忍な犯罪が増えているのも、そのせいだろう。

 愛を請い願うのは、子供の特権ではなかったか。

 

 大自然を見てほしい。

 この宇宙の愛に気づいてほしい。

 見返りを求めず、ただ一心に我々を信じ愛し続けてくれているではないか。

 そこに天の願いが表れているではないか。

 

「どんなに苦労が多くても、自ら愛していける人になりなさい」と。

(170626 第325回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ