日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 最善が得られなければ、次善を得る。その次善がだめならば、さらにその次善を

最善が得られなければ、次善を得る。その次善がだめならば、さらにその次善を

大久保利通

 西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称された大久保利通。近代日本の立役者であり、日本史上最高の政治家であった大久保の、生涯にわたる方法論がこれだ。

 大久保が残した言葉ではないが、「リアリスト」と呼ばれた彼の生き様に、現代のわれわれが学ぶべき事は多い。

 

 理想をもつことは悪いことではない。

 しかし、理想をもつだけでは、ただの絵に描いた餅。

 空腹を満たすことはできない。

 思い描いた理想を実現させるためには、思考も行動も具現化していく必要がある。

 

 そのときに陥りやすいのが、「失敗」という罠。

 最善の策だったのに・・・なぜ? と。

「ああ、だめだ~、もうこうれで終わりだ~」と嘆いて事がすすむのならそれでいい。

 しかし、そこには「失敗した」という事実だけが残るだけだ。

 

 失敗から学ぶ。

 それは正論。

 ただし、事を急ぐのであれば、後ろを振り返っている時間などない。

 

 では、現実的に今何をすればいいのか。

「最善が得られなければ、次善を得る。その次善がだめならば、さらにその次善を」

 である。

 

 最善の一手がだめならば、次の一手。

 なるほど、唯一の趣味が囲碁だったという大久保らしい戦法である。

(170613 第322回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ