日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 賢人は敵から多くのことを学ぶ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

賢人は敵から多くのことを学ぶ

アリストパネス

 古代アテナイの喜劇作家であり風刺作家のアリストパネス(アリストファネス)は、ソクラテスやソフォクレス、エウリピデスらと同時代を生き、プラトンの『饗宴』にも語り手として登場している。この言葉は彼の喜劇『鳥』からの抜粋。今回は「いかにも格言」という格言を取り上げてみた。

 

 わかりやすいと言えばわかりやす。

 敵とは言わずとも、人は耳の痛いことはなかなか聞き入れられない。

 それが苦手な人や快く思っていない人から言われたら、なおさらである。

 でも、苦言というものは、おおかた当たっていることが多い。

 

 それともうひとつ。

 人というのは失敗から多くを学ぶ、というのもわかりすぎるくらい、わかること。

 それなのに、どういうわけか、人は成功者の「こうすればうまくいきますよ」というハウツーを知りたがる。

 なぜなんだろう?

 夜行性の虫が煌々と光るランプめがけて飛んでいくように、どうやら人はきらりと光るものに目がないらしい。

 

 しかし、ほんとうに賢い人は成功例以上に失敗例から学んでゆく。

 なぜ失敗したのか、あの人のどこに落ち度があったのか。

 ひとつの輝かしい功績の裏には、数え切れないほどの失敗があるのだから。

 それを知ることは、自分が失敗する数以上のものから学ぶことができる。

 

 成功本の数ほど人は成功していないというのなら、失敗のハウツー本があれば、もっと人は成功を手にできるかもしれない。

 

 まずは敵を知ること、失敗を知ることを心がけてみてはどうだろう。

(170508 第310回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ