日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > この世でもっともすばらしいことは、自分は自分のものだと知ることである

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

この世でもっともすばらしいことは、自分は自分のものだと知ることである

ミシェル・ドゥ・モンテーニュ

「エセー」と言えばモンテーニュ。モンテーニュと言えば「エセー」。

 38歳で隠棲生活に入ったモンテーニュは、人間観察、とりわけ自分自身の内面を考察しながらこの本を書いた。今も昔も多くの人を虜にしているこの作品は、普遍的なテーマゆえ、いつでも、どの場面を取りだしても通用するものばかり。第一巻39章の「孤独について」の中の一節がこれだ。

 

 

「自分は自分のものである」

 この言葉ほど現代人に響く言葉はないのではないか。

「何を言ってる、そんなのあたりまえじゃないか」と思うかもしれない。

 でも、そう言い切って人生を送っている人はどれだけいるだろう。

 

 情報に絡め取られ、判断基準がずれてしまっていてもそのことに気づかず、それが自分だと思い込んでいる。

 そういう人は、きっとたくさんいるはずだ。

 

 人間は弱い生き物だし、自分を守る手段としての言い訳をしてしまうことはある。だけど、言い訳などいくらでも探そうと思えば探せる。

 

「人は自分が置かれている立場をすぐ状況のせいにするけれど、私は状況を信じない。この世で成功するのは、立ち上がって自分の望む状況を探しに行く人、見つからなかったら作り出す人だ」

とジョージ・バーナード・ショーも言っている。

 

 人生は一瞬一瞬の選択の連続。

 誰の人生でもない。

 自分の人生、選んだものを喜びにかえられるのは自分しかいない。

 もっと言えば、ほんとうの喜びにかえられるものを選択しよう。

(170426 第306回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ