日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 倖せとは、些細なことのつみ重ね…、人生とは、日常のつみ重ね…、私とは、ディテールのハーモニー…

倖せとは、些細なことのつみ重ね…、人生とは、日常のつみ重ね…、私とは、ディテールのハーモニー…

安井かずみ

 作詞家の安井かずみが残した言葉。「わたしの城下町」など、数々のヒット曲を世に送りだした彼女ならではの詩的な言葉だ。

 

 幸せそうだな、と思う人には共通点がある。

 それは、

 些細なことからも新しい発見と喜びを見つけるのがうまい。

 夢中になるものがある。

 日々の生活にリズムがある。

 肩の力がぬけている。

 がんばりすぎない。

 自分の心に正直。

 人から何を言われようと気にせず信念を貫く。

 何より、自分を喜ばせるのが天才的に上手い。

 自分を大切にしている。

 より良い人生になるよう努力している。

 人生を楽しんでいる。

 

「しあわせ」というのは、本来、めぐり合わせをさす言葉だったという。

 つまり、いいことも悪いことも、どちらも幸せであることには変わらないのだと。

「良い幸せ」がある一方で、「悪い幸せ」というのもある。

 後から振り返って、「ああ、あのことがあったから…」ということだってあるだろう。 

 

 毎日の小さなことのつみ重ね、一日一日のつみ重ね、それが血となり肉となり、自分というかたちになっている。

 だとすれば、この世界は一人ひとりのディテール、「しあわせ」のハーモニーなのにちがいない。

(170423 第305回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ