日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 今日という日は、残りの人生の最初の日である

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

今日という日は、残りの人生の最初の日である

チャールズ・デードリッヒ

 映画「アメリカン・ビューティー」のセリフにも引用され、1960年代のアメリカで流行した「Today is the first day of the rest of your life 」という格言。
 薬物中毒患者救済機関の施設“シナノン”の設立者であるチャールズ・ディードリッヒの言葉だ。

 

 昨日のつづきの今日という日。
 毎日が、これからもずっとあたりまえにつづくと思っていたあのころは、明日につづく今日だった。
 しかし、今日が明日へと必ずつづくとは思わない今、今日の重みをひしひしと感じる。

 

「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」という、ガンジーの言葉が身にしみる。

 

 平穏無事にすごしているときは、死を意識することはほとんどない。
 身近に死を感じたり、命の危険にさらされて、ようやく命には期限があることを考える。
 死はたしかにやってくるのだと。
 
「残りの人生」を真剣に考えたとき、今日という日は特別な日に変わることだろう。
(170317 第293回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ