日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > からだに刻んでゆく勉強が大事

からだに刻んでゆく勉強が大事

宮沢賢治

「雨ニモマケズ風ニモマケズ」でお馴染み、宮沢賢治の言葉である。
 詩人、童話作家、農業指導者、音楽家など、多才な賢治も37歳の若さでこの世を去った。

 残された数多くの作品は、今なお世界中で愛され、読み継がれている。

 

「からだに刻んでゆく勉強」を、あえて説明する必要はないだろう。
 頭ではなく、体でおぼえる。
 体に記憶させるのだ。
 
 江戸期の子供たちは四書五経をすらすらと暗唱した。
 意味を知ることもなく。
 そのときが来ると、目の前の霧が晴れるように意味がわかるという。
 体が記憶するとは、そういうことだ。
 体に刻まれた記憶は、時間を経ても色褪せるどころか、くっきりとその輪郭をあらわし必要に応じて形となる。

 

「学ぶ」は「まねぶ」から派生した言葉。
 手本を何度も何度も繰り返し体に刻み込んでゆくことで、学んだことは生きてくる。

 人の一生が学びだとするならば、雨にも負けず、風にも負けない学力を身につけたい。
 (170314 第293回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ