日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 心も身体も道具である

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

心も身体も道具である

中村天風

 日本初のヨーガ行者、中村天風。心身統一法を世に知らしめた人物である。

 以前にも本欄で紹介したことがあるが、天風語録を集めた著書も数多く出ているから、その名を見聞きしたことがある人も多いだろう。

 

 身体が道具というのは、なんとなくわかる気がする。

 目に見える物体だから。

 しかし、心は?

 道具と思ったことは…正直、なかった。

 

 よくよく考えてみれば、なるほど、心というのは道具にちがいない。

 コロコロと移り変わる心を扱うのは自分の力量。

 上手く使いこなせれば、道具は用途以上の働きをすることがある。

 

 道具の扱いは、プロの職人に学べばいい。

 ピカピカに磨かれた道具は経年を感じさせない。

「どうぞいつでも使ってください」と言わんばかりの堂々たる風姿。

 使われてさらに磨かれた道具ほど、美しいものはない。

 

 心と身体は天から借りた大切な道具。

 ピカピカに磨き、ていねいに扱って十二分に用を為したなら、一回りも二回りも大きく輝きを増した借り主の魂は堂々と天にお返しすることができるだろう。

(170217 第285回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ