日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 哲学を学ぶより、哲学をすることを学べ

哲学を学ぶより、哲学をすることを学べ

カント

 ドイツの哲学者、イマヌエル・カントの言葉である。

 フィヒテやシェリング、ヘーゲルと並んでドイツ古典主義哲学の祖の一人であるカントは、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三大批判書を発表したことで、その名を世に知らしめた。

 

 哲学を学ぶより、哲学をすることを学べ。
 知識を詰め込むのではなく、知識を生かす術を身につけよ。
 知識を知恵に変えるのだ。
 
 人が一生で得られる知識などたかが知れている。
 しかし、知識の使い方は縦横無尽にある。
 食材をどう料理するのかは、その人の経験と知恵しだい。

 

 ある人が書いた若者たちへ向けた人生のガイドブックには、こう書いてあった。
「人が言った事を単なる知識として学ぶより、自分で考え、判断し、行動する事。

 未来が見えず、決まりきった生き方や人並みの人生がなくなった今ほど、自分で『哲学をする=生きることを考える』ことが大事なときはない。

 哲学をすること、つまり、自分で『どう生きるかを考えること』。

 それは毎日誰もがすることだ」と。

 

 さあ、老いも若きも、日々、哲学しようではないか。
 (170202 第280回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ