日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 仕事の真価は“すぐ”の周辺にはないのだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

仕事の真価は“すぐ”の周辺にはないのだ

伊集院静

 作家、伊集院静が成人を迎えた二十歳の若者たちへのメッセージを収録した『伊集院静の「贈る言葉」』より抜粋した。
 二十歳になったら大人かというと、そうではない。いまだ大人になりきれない大人は世の中にゴマンといる。大人になるとはどういうことか。その第一歩は「孤独を学ぶ」ことだと著者はいう。

 

 インターネットの普及によって、世界は“すぐ”手の届くところまでやってきた。1万キロメートル以上も離れた地球の裏側の“今”が、ものの数秒で目の前に現れる。
 まったく驚きを通り越して恐怖すら覚える。
 

 電気の波は「いま、すぐ」という感覚を人間に植えつけてしまったようだ。
 なんでも早ければ早いほどいいのだと。

 

 そんな人間たちに伊集院静は物申す。
「すぐに手に入るものは砂のようにこぼれる。
 いいものは時間がかかる。
 役立たずと陰口を言われても気にするな。すぐに役立つ人間はすぐに役に立たなくなる。仕事の真価は“すぐ”の周辺にはないのだ」

 

 苗木がすぐには巨木にならないように、種からすぐに花が咲かないように、物事には順序と時期というものがある。

 

「いま、すぐ」を称賛する老若男女諸君。伊集院静のこの言葉をかみしめよ。
「すぐに酔う酒は覚えるな」

 

 そう、いい酒は酔わないのだ。

 じっくりゆっくり味わいながら飲んでほしいと、時間をかけてていねいに作られているから。
(170106 第271回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ