日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 読書の習慣を身につけることは、人生のほとんどすべての不幸からあなたを守る、避難所ができることである

読書の習慣を身につけることは、人生のほとんどすべての不幸からあなたを守る、避難所ができることである

サマセット・モーム

 小説家であり劇作家のサマセット・モーム。以前、『月と六ペンス』から一節を抜粋したことがあった。今回は彼がおすすめする文学作品を集めた『読書案内』からの一節である。

 

 「本離れ」と言われて久しい。

 が、しかし、ほんとうにそうなのだろうか。

 書店には毎日のように新刊がならび、最近の雑誌の特集記事は「本」を取り上げたものが多く、街を歩けば、オシャレなBook&caféが続々とオープンしている。

 なるほど、読書は今や流行ファッションなのだろう。

 単なる流行で終わらなければいいが…。

 

 モームは読書の楽しみについて、こう述べている。

「知的な楽しみほど、長持ちがし、また満足がえられる楽しみはほかにないことを悟った者は、英知にとんだ人だといえよう。読書の習慣を身につけるがよい。人生の盛りをすぎてから、それをこころみて、しかも満足の得られるスポーツといっては、読書をおいてそうたくさんはない」と。

 

 だが決して、なんでもいいとは言っていない。

「もし退屈な書物までよめというのであると、読書のための読書の習慣など、はたしてだれが身につけようとするであろうか」と、きっぱり言い切っているのだから。

 

 良質な本を選ぼう。

 いつまでも心に残る一冊を見つけよう。

 自分を支えてくれる一冊があるだけで、「なにがあってもだいじょうぶ」と思えるのだから。

 (161231 第269回)

 

TOPICS

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ