日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > つまらないと思った仕事でも、一生懸命やってみろ。そうしたらおもしろくなる

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

つまらないと思った仕事でも、一生懸命やってみろ。そうしたらおもしろくなる

黒澤明

 映画界の巨匠、黒澤明の名言である。彼の甥でありエッセイストの島敏光氏の著書『黒澤明 59の言葉』から抜粋した。近親者であったからこそわかる、〝世界の黒澤〟の本質にせまった言葉がずらりと並ぶ。数々の映画の名場面に使われたセリフは、そのまま黒澤の思いだったにちがいない。名台詞に添えられた島氏のエピソードにある黒澤のひと言ひと言が胸を打つ。

 

「一生懸命やれば仕事はおもしろくなる」

 これは、黒澤の口癖だったという。

 数々のインタビューで、映画への情熱やモチベーションの持続について問われると、決まってこう答えたそうだ。

 

「一生懸命やってると仕事はおもしろくなるんだよ。おもしろくなると努力しちゃう。それが本当の努力であって、努力しなきゃいけないと思ってやるのは、本当の努力じゃない」

 

 たしかにそうだ。

「楽しいから笑うんじゃなく、笑うから楽しくなる」と言った人もいた。

 自分の気持ちは自分でいくらでも持ち上げられる。

 不思議なもので、笑顔でいると些細なことでも嬉しくなるし、そのうち本当に笑顔になれることが訪れる。

 

 黒澤のモットーは、「なんでも真面目に」だったという。

 働くときは真面目に働き、遊ぶときは真面目に遊び、寝るときも真面目に寝る。

 仕事でもなんでも一生懸命やっていると、その一瞬一瞬が煌めき、眩しいくらいの光を放ち始めるのかもしれない。

 黒澤の作品がそれを証明している。

(161113 第255回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ