日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 物の自然に順いて私を容るることなれば、而ち天下治まらん

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

物の自然に順いて私を容るることなれば、而ち天下治まらん

『荘子』より

 老荘思想の根底に流れる「無為自然」を表した言葉。人的作為のないところに物事は自ずから然らしむのである。

 

『荘子』の応帝王編で、天下を治める方法を聞いた天根に対し、無名人という人物が答えた。

「汝、心を淡(たん)に遊ばしめ、気を漠(ばく)に合わせ、物の自然に順(したが)いて私(し)を容るることなければ、而(すなわ)ち天下治まらん」

「私情を挟むからおかしなことになるのであって、成りゆきに任せれば天下は治まるのだ」と。

 

 物事はうまくできている。

 人間が下手な浅知恵をもって事を成そうとしても、空回りするばかり。

 自然の計らいである天の時、地の利、人の輪が成らなければ車輪は回らない。

 タイミングと実力、人を魅了する器が揃えば自ずと車輪は動き出す。

 動けば風が立つ。そして、風がさらなる風を呼び、大きく前進し始めるだろう。

 

 何も計らなくていい。

 ただやるべき事と、やりたい事を楽しめばいい。

 その時が来るのを待つ。

「なんとかなるさ〜」と、天から荘子の笑い声が聞こえてきそうだ。

(161110 第254回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ