日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自分のことだけを考えてる人は弱いです

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

自分のことだけを考えてる人は弱いです

青野惠子

 銀座にギャラリーを構える「一穂堂サロン」のオーナー、青野惠子さんの言葉だ。

「一穂堂」という名前は、〝豊葦原の瑞穂の国〟わが国日本が由来である。

 彼女は37年前にアメリカへ行ったとき、稲穂を一本もっていったというほど、自国愛に溢れている。

「祖国を愛さない人は弱いだろう」と彼女は言う。

 

 「一穂堂」は、現存するアーティストたちの作品だけを紹介しているギャラリーなのだが、その理由を彼女はこう語る。

「彼らが食べていけないと、日本の文化は滅びます。昔のものばかりがいいと言われたら、私たちが今生きている意味がありません」

 

 われわれが当たりまえのように今の生活が送れるのは、長い歴史を支えてきてくれた先人たちのおかげ。

 衣食住はもちろんのこと、一昔前までは考えられないような贅沢で豊かな環境になっている。先人たちの智恵と現代技術がひとつになった現れだろう。

 

 今を生きている自分たちだけが、ある日突然、どこからかパッと現れたわけではない。

 両親や祖父母、それ以前のご先祖さまたち、地縁、血縁が交わって、今ここに生きている。

 その不思議を思わずにはいられない。

 

 「オリンピックの選手たちは、家族のため、国のためと思うから、あんなに強いんです。がんばっている彼らから感動をいただいてるのに、恩返しをしなければ申し訳ない」

 彼女の考える「恩返し」とは、世界に羽ばたいていく人たちはもちろんのこと、未来を生きる人たちが自国を誇れるようにすることだ。

 

 生まれてきたからには、与えられた役目を果たしたいとも思うだろう。

 それが叶うのは、〝だれかのために〟という使命感に駈られたときではないだろうか。

(160904 第232回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ