日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > ぼくがここにいるとき ほかのどんなものも ぼくにかさなって ここにいることはできない

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

ぼくがここにいるとき ほかのどんなものも ぼくにかさなって ここにいることはできない

まど・みちお

 童謡「ぞうさん」でおなじみ、まど・みちおさんの詩「ぼくが ここに」の冒頭である。

 

「ぼく」がここに立っている。

 その同じ場所に誰かが重なって立つことはできない。

 当たり前のことだ。

「ぼく」がそうであるように、「あなた」の立っている場所も、誰かがあなたと重なって立つことはできない。

 これが唯一無二であるということ。

 

 当たり前のことほど、忘れがちになる。

 だけど、まどさんは忘れなかった。

 

「ぼくが ここにいる」という詩は、人間だけのことを言っているのではない。この地球上に存在するあらゆる生きものにも言えることだと、まどさんは言う。

 

「僕がここにいると、ほかのものは何もここにいることができない。つまり、それほど大事に僕が守られているということです。これは自然の法則。ところが人間は、ほかの存在を脅かすことばかりやっています」

 

 一人ひとりが、すべての生きものが、この地球に守られている。大きな愛で包まれている。そのことを忘れてはならない。

(160829 第230回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ