日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > その道に苦労する人が玄人、その道を知ろうとする人が素人

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

その道に苦労する人が玄人、その道を知ろうとする人が素人

小田島雄志

 英文学者の小田島雄志氏はダジャレの名手でもあるという。

 某新聞でこの言葉を見たとき、思わず「うまい!」と膝をうった。

 なるほど、「玄人と素人」の見分けは、漢字の読みにあったのか。

 

「汝の立つところ深く掘れ、そこに必ず泉あり」と言ったのは明治の文芸評論家、高山樗牛だが、まさに深掘り深掘りの連続が玄人の仕事。

 的を絞った場所から泉が湧くことを信じて、今か今かと掘りつづけるのは掘り当てる場所探しよりも、それはそれは大変にちがいない。

 

 掘り当てたあとは、枯渇させたり濁りのないよう泉の清らかさを保つのみ。

 そのための労も玄人の役目なのだ。

 

 清らかさを保つには心が清らかでなければ。

 そう、子供のように。

 

 素人から玄人へ足を踏み入れたなら、次は玄人の心から素人の心へ向かうのが理想ではないかと思う。

 良寛やピカソの晩年の作品こそ、童心のなせる技。

 

 苦労して掘り当てた泉も、衣服をまとって泳いでいては重くて疲れるだけ。

 子供のように素っ裸になれば、ほおっておいても水の力で浮くではないか。

 

 自ら掘り当てた清らかな泉で、裸になってプカプカ浮いていられるなんて、なんて優雅なんだろう。

(160729第220回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ