日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > やりたいことを貫くために場所を選んでいくのは、すごく大切なことかもしれません

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

やりたいことを貫くために場所を選んでいくのは、すごく大切なことかもしれません

西加奈子

 直木賞受賞作家、西加奈子女史の言葉である。以前、某新聞で作家になるまでのエピソードを語っていた。

 西氏が作家になるべく大阪から上京したのは26歳のとき。就職氷河期ということもあり、周りはフリーターが多かった。そのことが作家を目指す西氏にとっては好都合だったという。

 

 世の中は「場」でできていると言っても過言ではない。「場」がつく言葉が多いことにも、それは表れている。

 立場、現場、仕事場、相場、市場、逃げ場、遊び場、場面、磁場など、あげるときりがない。だからこそ、生きていく場所は慎重に見極めねばならない。

 

 何かをしたいと思っても、それが叶わない環境であったり、境遇であることは多い。しかし、ほんとうにそうしたいと思ったら、できないことはない。この日本においては。

 

 果たしてその思いを言い訳で済まそうとしてはいないだろうか。

 場が選べないなら、今いるその場を自分の力で変えればいい。変えられないなら、勇気を出してその場を去り選び直してもいい。思いが本物なら、必ず受け入れてくれる人はいる。

 

 器に入った水に墨をたらすと黒く染まるように、器である「人間」の魂は周りの色に染まりやすい。

 今いる場所は、自分が求めていた場所か。

 あらためてじっくり見つめ直してみてはいかがだろう。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ