日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 本物とは、厳しい環境に耐えて長持ちするもの

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

本物とは、厳しい環境に耐えて長持ちするもの

宮脇昭

 1970年代から、国内外の1700ヶ所以上で4000万本以上もの木を植え続けてきた植物学者、宮脇昭氏。東日本大震災直後、すぐさま被災地で現地調査を行い、「いのちを守る森の防潮堤」の必要性を訴え、90歳を目前とした現在もその取り組みに尽力している。

 

 本物とは何か。偽物とは何か。

 一見、本物のように見えて、実は偽物ということはよくある。

 その偽物をどうやって見分けるのか。

 

 宮脇氏は、厳しさに耐えうるものこそ本物だという。

 つまり、本物は強い、ということ。

 では、その強さはどこからくるのか。

 

 宮脇氏はこうつづける。

 「本物は手がかからないのです。植物も人間も、その特質にあった土壌であれば必ず根を張り、すくすくと伸びていきます。人間のように動けない植物は、何があっても与えられた土地で生き延びていこうとします。そうでなければ、滅びてしまうから。文字通り、命をかけて生きようとするのです」

 

 厳しい環境にさらされ、時間をかけて成長したものは本物になる。

 裏を返せば、逆境や苦境というのは、その場所で本物になれるかどうかを試されているのだろう。

 まずは、根を張るための土壌づくりからはじめたい。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ