日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 今、自分がここにあるということ。それは、先祖代々の皆さまによって私は生かされているということです

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

今、自分がここにあるということ。それは、先祖代々の皆さまによって私は生かされているということです

千玄室

 茶道裏千家第15代前家元、千玄室大宗匠。利休居士の子孫である彼は、物心ついたころから母親に「あなたは緑の血を持って生まれてきたのですよ」と言われ、育ったという。

 茶道の家元に嫁いだ母親は、夫が点てる茶を毎日飲んでいたのだから、その胎内にいた赤ん坊もまた、茶を味わっていたのだと、ことあるごとに息子に言って聞かせたのだそうだ。

 

 禅語にもある「而今」、「いま、ここ」という言葉は、今の日本社会に広く浸透している。少々、流行りことばになってしまった感もないではないが……。いずれ、この言葉も時代の端に追いやられてしまうのだろうか。

 だが、「自分とは何か」を探し求める旅は、人間である以上、永久に終わらないのではないだろうか。古今東西、多くの人びとがその問題に悩まされてきた。偉人たちの功績や残された言葉にも、それは表れている。

 

 今の自分があるのは、まぎれもなく両親や祖父母、それ以前の先祖代々の血が絡み合い、連綿と受け継がれてきたおかげである。

 千玄室大宗匠の「緑の血」ならぬ、各人それぞれに流れる「家族の血」には、先祖たちが持ちうる特質、長所や短所すべてが流れているのだ。

 自分の長所や短所は父のものであり、母のものである。父や母の長所や短所もまた、そのまま祖父母のものである。

 そうやって先祖の特質は受け継がれ、もとをたどると、日本人の特質へとつながる。

 長所はさらに高め伸ばすために、短所はいかに克服し良くしていくか。

 先人たちは、その思いを子孫たちに託したのだ。

 

 「私を必要としていただいてありがとう。本当に感謝申し上げます」

 大宗匠は、毎朝必ずこの思いを読経に込めると言う。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ