日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > みずからが自分にとっての、いちばん厳しい先生たれ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

みずからが自分にとっての、いちばん厳しい先生たれ

グレン・グールド

 1982年にこの世を去ったクラシック界の異端児、グレン・グールドは、“希代のバッハ弾き”“エキセントリックなピアニスト”など、数々の異名をとった謎多き演奏家であった。

 

 生前、人嫌いで有名だったグールドから、幸運にもこの言葉を引き出させた日本人ピアニストがいる。

 熊本マリ。

 カナダでピアニストになるべく研鑽を積んでいた少女が、憧れのグールドに指導を仰ごうと手紙を送ったのだ。返事はなかったものの、偶然にもグールド本人に遭遇し、アシスタントから後ほど連絡を入れるとの約束をとりつけた。そして、電話があった。

 

「誰かの演奏を判断する資格は、自分にはありません。仮に私があなたに対して、才能の有無を評価したところで、それがいったいどんな意味をもつでしょう。

 あなたの将来はあなたがつくるものなのです。自分の才能というものは、あなた自身が一番よく知るべきことなのです。自分自身を信じ、自分の才能をみずから伸ばしてください」

 アシスタントは、グールドからのメッセージを伝えた。

 

 ピアニストとなった彼女はいま、この言葉の真意を痛感しているという。

 自分は何がしたいのか、どこに向かいたいのかを冷静に見きわめる。

 軸になるのは、自分の意思しかないのだと。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ