日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 行きづまったら、冬眠する。そうすれば無駄なケンカも競争もしなくていい

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

行きづまったら、冬眠する。そうすれば無駄なケンカも競争もしなくていい

堀文子

 真剣に孤独と向き合い、自然の命を描き続ける日本画家、堀文子。100歳を目前にして凜としたその姿は、彼女が描く草花同様、無駄な飾りがない。踏まれても摘まれてもあきらめず、志を貫き自力で生き抜く名もなき花たちの姿とかさなり、まるで、草花たちが彼女の声を借りて語りかけているようだ。

 

 冬。

 生きものたちは、生きのびるために息をひそめる。

 訪れる春を待ちわび、ふたたび命を謳歌するためにエネルギーを蓄えているのだ。

 だれに教えられたわけでもないが、生きていくための術が、すでに体の内に組み込まれているからだろう。

 それは、人間とて同じこと。しかし、かなしいかな、人間に冬眠はない。ないから永遠に戦いつづけるのだと、堀文子は言葉をつなぐ。

 

 ときに、戦いつづけた体は悲鳴をあげ、冬眠ならぬ闘病に向かわせようとするのだから、自然の摂理はあなどれない。

 

「木は無意味な消耗をさけて、冬は葉を落として冬眠しているのです」

 行きづまったら、無用な枝葉は削ぎ落とし、根や幹の温存につとめ、つぎなる季節に備える。

 堀女史と草木からのメッセージである。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ