日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 鉄船水上浮(てっせんすいじょうにうかぶ)

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

鉄船水上浮(てっせんすいじょうにうかぶ)

龐居士

 生を護るには、すべからく、これ殺すべし

 殺しつくして始めて安居す

 箇中の意を会得すれば

 鉄船水上に浮かぶ    

 

 かつて、鉄の船が水に浮かんだり、鉄の塊が空を飛ぶなどと誰が信じただろう。今やそんなことは当たり前で、人が操作せずとも車を走らせたり、空中に浮かぶスニーカーまで発明されるという時代。バック・トゥー・ザ・フューチャーしかり、ドラえもんしかり、SFの世界がそのまま現実となっている。

 

 日本で最初に鉄の船を浮かばせたのは織田信長。

 不可能を可能にしようとする発想力こそ、信長の強さだったのではないか。

 奇跡を起こすのは超能力のあるなしではない。

 こだわりを捨て、決めつけることをしない柔軟な心と、執着や束縛から離れた自由な発想こそが不可能を可能にする。

 

 「生を全うするなら、その生を殺し尽くすこと。そうすることではじめて、心が安らかになる。それを体得すれば、鉄の船さえも水に浮かぶ」

 

 常識やこだわりという妄想を解き放てば、思いもよらなかった現実がやってくるかもしれない。

 できないのは能力が足りないのではない。

 想像力が足りないだけだ。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ