日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 自分が死んで、何ものかを生む。だから、何のために死ぬのかを問い続けることが生命の本源的価値なんだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

自分が死んで、何ものかを生む。だから、何のために死ぬのかを問い続けることが生命の本源的価値なんだ

執行草舟

 知る人ぞ知る、現代の「サムライ」こと執行草舟氏の言葉だ。

 実業家であり、歌人でもある彼は、日本に唯一残る武士といっても過言ではない。

 小林秀雄や三島由紀夫らと交流をもち、彼らにして「本物の武士」と言わしめた男である。

 

 執行氏はいう。

「愛は、宇宙を構成する生命体エネルギーの根本です。愛とはひと言で言うと、自己犠牲のこと。自分ではない、何ものかのために死ぬということです。宇宙の発展を見れば、その意味はわかります」

 

 何のために生きるのかではない。何のために死ぬのか。

 死ぬために生きるのだ。

 自然界をみればわかるだろう。生殖活動を終えて死んでゆく生き物たちがいることを。

 そしてまた、われわれも愛によって生まれた愛の結晶である。

 その命は、新たな何ものかを生み、その使命を果たして去ってゆくためにある。

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ