日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 遠くて近きもの 極楽。舟の道。人の仲。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

遠くて近きもの 極楽。舟の道。人の仲。

清少納言

 「春はあけぼの」ではじまる『枕草子』の第161段「遠くて近きもの」である。

 

 さらりと短い言葉で核心をつくのは、さすが清少納言。
 遠いものと思っていても、意外に近いのが、死の世界、舟の道中、人の間柄だという。
 このときの「舟の道中」は時間的観念を意味し、「人の間柄」は男女の仲を指す。

 

 宇宙的視点から見れば、人間の一生など、まばたきのごとく一瞬にして消えてしまうものかもしれない。
 しかし、その一瞬に悲喜こもごもの出来事が無数に存在し、何十億通りの物語がある。
 どんな物語を紡ぐのかは人それぞれ。
 まばたきをしたあとの世界に自分がいないとしても、すばらしい芸術や文化が守られ、自然豊かな美しい地球の歴史がつづくことを願うばかりだ。

(151111第137回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ