日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人はなりたい姿になれるわけではなく、なるべき姿になるのだ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

人はなりたい姿になれるわけではなく、なるべき姿になるのだ

 サマセット・モームの『月と六ペンス』から抜粋。

 

 「じゃあ、なりたい姿になれないなら、夢や希望もあったもんじゃないだろう」と反論が聞こえてきそうだが、そうではない。

 よーく考えてみてほしい。

 今現在の自分がどういう姿であるかを。

 何も目に見える姿形だけのことを言っているのではない。

 自分が置かれている環境や状況、技術や知識を含めた能力、財産など、手にしているものすべてがこれまでの成果、なるべくしてなった姿である。

 

 「なるべき姿」とは、今という時間の積み重ねが生み出した姿であるなら、何を感じ、何を考え、どんなことをして一日を過ごしているかが重要だということ。

 「なるべき姿」が「なりたい姿」になるよう日々心がけたい。

(151016第129回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ