日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 世の中が非常に乱れてくると、型にはまった人間では役に立たない

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

世の中が非常に乱れてくると、型にはまった人間では役に立たない

安岡正篤

 昭和33年におこなわれた記念講演での記録より、安岡正篤が「人間とは何か」を語ったときの一節である。

 

 では、どういう人間なら役に立つというのか。

「常識的な平凡な者ではどうにも話にならぬ。型破りな、自由で革新的な人間が過去の沈滞を破って新しい時代を創造する」

 なるほど、型破りな人間か。といっても、荒くれ者では危険だろう。

「新しい時代を創造する人物は、知識や技術の学問からは生まれない。智慧の学問、徳の学問から生まれるのだ」

 

 安岡は言う。

「沈滞は生命の麻痺」だと。

 機械的な動作を続けていると眠くなるように、型どおりの平凡な時代が続くと沈滞し、生命はどんどん失われ、やがて衰退が始まる。

 新しい時代を生き抜くためには、これまでの知識や技術を智慧に変える必要がある。

(151010第127回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ