日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 蓄積が新しい問いかけを生む

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

蓄積が新しい問いかけを生む

ロバート・キャンベル

 某新聞で、日本文学者のロバート・キャンベル氏が老後や老いについて問われたときの言葉だ。

 研究者に定年はない。むしろ、研究者には成熟が大切だという。

 しかし、研究者にかぎってのことではないだろう。

 何かを続ければ続けるほど疑問は生まれ、更なる境地へ向かうために試行錯誤が繰り返される。

 止まった時点で老いは始まる。

 成熟した時間の蓄積は老いではない。そこから新たに生まれ変わるのだ。芳醇な香りを醸す、味わい深い逸品へ。

 

「最後まで飲み干し、残滓を数滴残したまま舞台暗転してこれで終わり。これが理想」

 なんと惚れ惚れする言葉だろう。

(150918第120回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ