日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 待て、そして希望せよ!

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

待て、そして希望せよ!

 フランスの文豪アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』より。

 モンテ・クリスト伯が残した最後の言葉。

 無実の罪で14年間孤島の牢獄に幽閉された主人公のエドモン・ダンテスは、脱獄の後、「モンテ・クリスト伯」と名乗って自分を陥れた者に復讐を遂げるという話。獄中で出会った神父とのやりとりが胸を打つ。

 

「人生の嵐の中で、あきらめや絶望に陥ることなく、絶えず希望を捨てることなく努力せよ。忍耐強く苦難に耐え、深く考えを巡らしたうえで行動に移れ」

 これほど真理をついた言葉はないのではないだろうか。

(150820第113回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ