日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 掬水月在手 弄花香衣満

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

掬水月在手 弄花香衣満

 水を掬(きく)すれば月手にあり 花を弄べば香衣に満つ。

 月夜、手に水を掬うと水面に月が映っている。月とは人間誰しもが持っている仏性、天性であろう。花を触っていると、その香りが衣服に付く。いいもの(人)と触れ合えば、人間は良く感化される(薫習)。もちろん、その反対もあり。

(150624第105回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ