日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 偉人の転落は、到達していた高みに比例してすさまじい

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

偉人の転落は、到達していた高みに比例してすさまじい

 フランスの文豪・バルザックの長編小説『幻滅』のなかの一文。

 神様は人の栄枯盛衰を周到にコントロールしているとつくづく思う。
 自分を向上させ、一定の成果がでて名前が売れる(有名になる)。そこで新たな壁にぶつかる。そういう苦難を何度も克服して「偉人」と呼ばれる存在になったとしても、終生の安泰を約束してくれないのだ。むしろ、偉人ほどその後の転落に際して大きな打撃を受ける。
 私たちは、スポーツ選手や芸能人や政治家など、「有名な人」がそのような転落をしたケースをたくさん知っている。それを他山の石としない手はない。

(150120第96回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ