日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 智に働けば角がたつ、情に棹させば流される、意地を通せば窮屈だ

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

智に働けば角がたつ、情に棹させば流される、意地を通せば窮屈だ

夏目漱石

 夏目漱石『草枕』の一節。なるほどうまいこと言う。つまり、相対的な計らいがあるうちは、すべてうまくいかず、心の自由は得られないということ。
 では、どうするか? 禅で言う「放下着」だろう(ほうげじゃく、と読む)。下着を放り投げるという意味ではない(笑)。
 この場合の「着」は強調しているだけで、深い意味があるわけではない。どんどん捨てなさいということ。
 さあ、何を捨てようか。それを考え、実行した暁に心の自由度が高まっているのではないかと思っている。

(140922第85回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ