日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 偽りの自分を愛されるより、ありのままの自分を憎まれる方がましだ。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

偽りの自分を愛されるより、ありのままの自分を憎まれる方がましだ。

アンドレ・ジッド

個性を重んずるフランス人であり、かつ背徳的な作風で知られるジッド。
引用の名言はいかにも彼らしい言葉だ。

 

「愛されたい」とは多義的な言葉であって、必ずしも恋愛にまつわる話に限らないが、多かれ少なかれ、人は、「誰かに愛されたい」という願望を抱きながら生きている。
そして「愛されたい」と思う特定の相手がいる場合、人は、ほとんど常にと言ってよいくらい「偽りの自分」=「意中の人が気に入るであろう自分」をあれこれ妄想し、演じてしまうものだ。

だが、偽りの自分を演じて得られる愛は、所詮偽りのもの。そこにあるのは「依存」だからだ。

 

仮面を脱ぎ捨て、虚言を遠ざけ、己の足で大地を踏みしめて歩く姿を見せた結果、嫌われ、憎まれたのだとしたら、その意中の人は、人生の貴重な時間を共有する同士ではなかったということだ。
これは恋愛にかぎったことではなく、人間関係そのものにも敷衍できる。

(130502第72回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ