日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
Home > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 墓の下にいても、あなた達の役に立てる。これほどの嬉しいことがあるだろうか。

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

墓の下にいても、あなた達の役に立てる。これほどの嬉しいことがあるだろうか。

ベートーヴェン

グレン・グールドは、ベートーヴェンの交響曲を「冬の車窓から眺める風景がよく似合う」と評した。偉大なる楽聖の残した曲には、聴力を失った悲運の人生を反映するかのように寒色の風景がよくなじむ。

しかし「第九(だいく)」の愛称で知られる交響曲第九番「合唱付き」はまったく違う。調が長短いずれの節であっても、力強く響く弦・管・打の音の波は、希望を想起させる暖かな旋律で満たされている。

 

1989年のクリスマス。ベルリンの壁崩壊を記念するコンサートで、東西ドイツ、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の6ヶ国からなる混成オーケストラを指揮したのは、ユダヤ人のレナード・バーンスタイン。奏されたのは、「第九」であった。

自身の没後から162年を経て、東西冷戦の終焉をうたいあげるファンファーレとして世界中を駆け巡った「歓喜の歌」に、楽聖も墓の下から歓喜の声をあげていたに違いない。

(130215第54回)

 

格言・名言集トピックス

最新の格言・名言集ページに戻る
Recommend Contents
このページのトップへ