人の数だけ物語がある。
HOME > インタビューブログ

Introduction

人の数だけ物語があります。本欄では、月3回、インタビュー形式でさまざまな物語を紹介します。

Interview Blog Topics

蔵元の“想い”とともに、最良の状態でお酒を届けることが使命です。
Vol.45岡埜屋酒店 4代目岡鉄之さん
1913年(大正2年)に創業し、今年で105年の歴史をもつ岡埜屋(オカノヤ)酒店。代表の岡鉄之さんはその4代目です。コンビニやスーパーなど、気軽にお酒が買える時代になり、経営の方向転換を余儀なくされました。「人との出会い、そしてお酒との出会いが自分の世界を広げてくれた。蔵元(製造者)の“想い”と一緒
 
一枚の紙から生まれる昆虫で、森羅万象を伝えたい。
Vol.44紙造形作家小林和史
本物と見まごうばかりの昆虫を、一枚の紙から作り出す紙造形作家の小林和史さん。1ミリを16等分に切り分けるその手は、まさに〝God hand〟。原点は幼い頃の小児喘息にありました。長年、イッセイ・ミヤケ事務所でデザイナーとして活躍し、その後もアートディレクターやデザイナーとして広く活躍されながら紙昆虫
 
夢と希望を絵にのせて、子どもの未来をチームワークで支えます。
Vol.43作家 株式会社KUMA’S FACTORY代表取締役小野孝一さん
長年デザイン会社でグラフィックデザイナーとして活躍していた小野孝一さんは、請け負った童画で評価を受け、夢にも思わなかった童画作家の道を歩むことになりました。独立後、美術専門学校の教え子だった星野はるかさんが弟子入りし、後にスタッフの一員となってイラストレーターとして活躍。息子さんの祐真さんもプランナ
 
Recommend Contents
このページのトップへ