多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

名古屋と熱田神宮
2016.05.28
 名古屋へ行った。 のには、わけがある。 以前も書いたが、ひとり娘が就職し、名古屋勤務になった。とりあえず、どんなところで暮らしているのか、検分しておくのは親の務めだろうと思い、妻と出かけたのである。 名古屋……。いままであまり縁はなかった。20代から30代にかけて、私はドラゴンズファンだったが、い
 
すごか、鹿児島
2016.05.24
 幕末と明治時代にもっとも輝いた地、それが鹿児島だ。本州の最南端で、さまざまな面で不遇な面もある。しかし、それだからこそ、中央の目の届かないところで、大きなうねりが起こったとも言える。 大久保利通像と西郷隆盛像。こういうものを日々、仰ぎ見ながら生活できるというのはなんとも羨ましい。 大久保利通像は、
 
西郷と生々流転
2016.05.19
 その日、西郷隆盛は洞窟にいた。 西南戦争は薩軍に対する新政府軍の総攻撃をもって終わったが、最後の激戦地となった城山の中腹にその洞窟はある。いつでも死ねる覚悟があった西郷だが、その日ははっきりと死を決意していたことだろう。 それにしても不思議な人生だ。島津斉彬に人物を見込まれるが、そのまますんなりと
 
運命の糸と天の計らい
2016.05.14
 2つの幼稚園を取材するため、鹿児島へ行って来た。 戻って来る日、鹿児島市内の城山近辺と加治屋町を歩き、あらためてさまざまなことを考えさせられた。 幼稚園を訪ねた後だったということもあるのだろうが、「幼い頃の西郷と大久保はどんな顔をして、どんなことに夢中になり、どんな遊びをしたんだろう」という思いが
 
座っている二宮金次郎って……
2016.05.09
 「最近、二宮金次郎の像が復活しているらしいですよね」 だれに聞いたか忘れたが、そんな話を聞いた。 「へぇ〜、それはいいことですね」 そう答えた。私が通っていた小学校にも、二宮金次郎像があった。なぜ、子供が本を読みながら薪を背負っているのかわからなかったが、感心な子供だと思った。子供心にも……。 と
 
美しきかな、日の丸
2016.05.05
 連休も終盤に入ったが、相変わらずふだん通りの日々をおくっている。いつもの時間に起き、2日に1回、御苑を走る以外は原稿に精を出し、ときどき読書。疲れたら音楽を聴く……。そんな毎日だ。 連休の谷間の2日(月)、日帰りで宇都宮の事務所へ行った。行くたびに見慣れた街路樹が姿を消していく。この季節になると緑
 
Recommend Contents
このページのトップへ