多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

さようなら、カマキン
2016.01.29
 甘利明経済再生相が閣僚を辞任した。 なんとも後味の悪い顛末だ。秘書の監督責任は免れないとしても、はたして辞任するほどのものだろうか。 今回の「ワナ」を仕掛けた人物は、安倍政権に打撃を与えたいグループかTPP反対派の差し金に違いないが、そいつの思い通りになったということだろう。最初からハメてやろうと
 
『Japanist』No.28
2016.01.24
 定期刊行物で重要なことのひとつに、「続ける」ことがあると思っているが、ほとんどの定期刊行物が1年以内で廃刊を余儀なくされているのを見てもわかるように、「言うは易し、行うは難し」である。続かない理由の大半は採算が合わないことだろう。次いで、尋常ではない時間と労力が必要とされることも挙げられる。 そう
 
好奇心はリベラルアーツの源
2016.01.20
 つくづく好奇心というものはリベラルアーツの源だと思い知った。 昨年11月24日の本欄で、修善寺にある新井幸江さん(香りのコーディネーター)宅を訪れた話を書いたが、暮れも押し迫ったある日、多樂塾のメンバー8名で再び押しかけてしまった。とりあえずの名目は「マイたくあんの漬け込み」である。 新井幸江さん
 
魂が震える激烈な書『本源へ』
2016.01.16
 本を読んでいつも感動するわけではない。むしろ、そういう本は極めて稀だ。 しかし、正月にかけて読んだ執行草舟氏(しぎょう・そうしゅうと読む)の『本源へ』にはずっと魂を揺さぶられた。12月30日、31日、元日のほとんどをこの本を読むことに注力した。かなり分厚い本で、おびただしい人物が出てくる。巻末に人
 
樹木の嘆き、哀しみ
2016.01.11
「人間の恐ろしさには、鬼だって逃げ出すわ!」 黒澤明の名作『羅生門』の一セリフである。正確には、ちがう表現だったかもしれないが、そういう意味だった。事実、地球上のあらゆる生き物のなかで、人間ほど恐ろしく、またおぞましい生き物はいない。それでいて、ときどき神にもみまごうほど崇高な人も現れるのだから、人
 
カフェ文化の再興を願う
2016.01.07
 20代前半の頃、マッチ箱を集めていた。というより、気がつくと、かなりの数のマッチ箱が溜まっていたと言った方がいいだろう。当時、どこの街にもたくさんの喫茶店があり、それぞれオリジナルのマッチをつくっていたのだ。 やがてそれら個人経営の喫茶店はスターバックスをはじめとした外資系のチェーン店に席巻され、
 
Recommend Contents
このページのトップへ