多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

からくり人形師から〜全身全霊で打ち込むということ
2015.08.30
 生産拠点の多くが海外に移転したとはいえ、やはり日本の経済力の源は「物づくり」だろう。それがベースにあって、その他の業界も栄えている。 そんなことを改めて認識させられたのが、『Japanst』第26号でもご紹介した「からくり人形」だ。 からくり人形師・半屋弘蔵さんに神楽サロンで実演会をやっていただい
 
スズメノカタビラに見る、生き残りの秘訣
2015.08.26
 宇都宮の自宅を事務所替わりに使っていることはすでに書いた通りだが、この夏、庭の雑草がすさまじい勢いで伸びた。スタッフたちに草むしりをしてほしいとは言えないので、先日、慣れない草むしりをした。 一種類だけ、驚異的な繁殖を見せている雑草があった。そこにどんな植物が生えていようと、日当たりが良かろうが日
 
熟成してきた日本のリゾート空間
2015.08.22
 30代の半ば頃から約10年間、リゾートホテルにはまった。行き先はバリ(インドネシア)、タイ、マレーシア、フィリピンなど、主に東南アジアだったが、「こんな世界があるのか!」と感嘆の連続だった。 当時体験したことが、いま、なんらかの形になって現れていると思う。体験したことはけっして無駄にならない。少な
 
本質的経営のお手本を1冊にまとめたら
2015.08.18
 今春から手がけていたムック『Kizuna』が完成した。親子農業体験塾の『Takenoko』、清掃活動の『Souji』に続く、第3弾である。 依頼者は広島市で住宅リフォーム業を営む株式会社マルコシの木原伸雄氏。創業50周年を記念して、地域に根ざす同社の取り組みを1冊にまとめることにしたのである。 世
 
どんなモノにも売り方がある
2015.08.13
 今回の奥穂高岳登山がうまくいった大きな理由として、前回、練習について書いた。もうひとつの大きな要因が靴を替えたことだ。 これまでの登山では、毎回足(特に右足)が痛くなった。後半は激しく痛んだ。ずっとやむをえないことだと思っていた。それをそのまま放置したのは、明らかに私自身の怠慢だ。 靴に詳しい友人
 
練習は裏切らない
2015.08.10
 前回に続き、奥穂高岳登山ネタを。 今までいろいろな山に登ってきたが、今回ほど楽に感じたことはない。無理をすれば、休憩なしで頂上まで行けたかもしれない。それほどスイスイと登れた。 奥穂高岳は標高3,190メートル。日本第3位の山である。 ちなみに、日本の山の高さランキングは以下の通り。1 富士山(3
 
Recommend Contents
このページのトップへ